ルート配送を行うトラックドライバーの仕事のメリットとデメリット

2020年9月9日

トラックドライバーとしては多少特殊なメリットがある

トラックドライバーの中でも、ルート配送と呼ばれる毎日決まったルートを回って配達をおこなう業種のメリットとしては、残業がほぼ存在しないことです。毎日決まったルートを回るため、道路状況や天候などによって数分から数十分の差は存在しても、残業とまではいきません。また、年間休日も他のドライバーの仕事よりも安定しており、しっかり休んで仕事をしたい人向けです。ノルマがないため、決められた仕事を行いたい人にも向いています。さらに、基本的には1人で運転、作業を行う仕事であるため、人間関係でトラブルを受ける可能性が非常に少ないです。事務所に立ち寄ることも少なく、人間関係を構築するのが得意ではない人でも安心して働けます。

ルート配送ならではのデメリットもある

ルート配送を行うトラックドライバーの業務はメリットが多いと考える人が少なくありませんが、当然ながらデメリットも存在しています。例として、決められた仕事をずっと毎日繰り返すため、同じことばかりでは飽きてしまう人には向いていません。また、ずっと同じ作業を繰り返しているうちに手を抜いてしまう可能性も指摘されています。なお、時間指定のあるルート配送の仕事をしている場合、時間に遅れないように運転し、配送を行わなければなりません。クライアントの希望で早朝や夜中に仕事をすることも多く、続けていくうちに心身への負担が大きくなっていくことも考えられます。時間を遵守でき、早朝や夜中の仕事に負担を感じない人にはいいですが、難しい場合はデメリットとなるでしょう。

神奈川のドライバーの求人は、運送会社やホームセンター、大手企業など多くの事業所で募集されており、プロとしての運転歴が長い人は高待遇で働き始めることも可能です。