ドライバーってどんな仕事?仕事の種類やメリット・デメリットを解説!

2020年9月9日

ドライバーの仕事の種類

ドライバーには、様々な職種があります。ドライバーに共通する仕事は運転することですが、仕事内容は大きく異なります。タクシードライバーは、お客様を乗せて目的地まで送迎することです。一口にタクシードライバーといっても、様々なタクシーが登場してきています。観光タクシーなどのサービスを提供するタクシーの場合、運転技術以外のスキルを伸ばすことができます。トラックドライバーは、トラックを運転し目的地まで荷物を運ぶ仕事です。バスドライバーは、お客様を乗せて決まったルートを走行する仕事です。お客様を乗せて走るので、揺れが少ない高い運転技術が必要になります。宅配ドライバーは、宅配先に指定された荷物を届ける仕事です。走行距離が少ない分、1日に届ける荷物が多いのが特徴です。

ドライバーのメリット・デメリット

ドライバーのメリットは、人と接する機会が少なく自分のペースで仕事ができる点です。仕事中は基本的に一人で運転するので、上司や同僚などと仕事をする機会が少ないです。「一人でいるのが好き」「職場の人間関係で悩んだことがある」という人におすすめしたい仕事です。また職種によっては、高収入が狙える可能性があります。夜間勤務のタクシーや長距離トラックドライバーなどは、他のドライバー職より稼ぎやすいのが特徴です。一方、ドライバーのデメリットは、体力を崩しやすいということです。特に長距離トラックドライバーの場合、長時間運転したり荷物の積み下ろし作業があるので体力が必要です。体力作りや体調管理が必要不可欠となるでしょう。

フルタイムで勤務できるのが、福岡のドライバーの求人のメリットです。残業がある場合でも、残業代はきちんと支払われます。