宅配系のドライバーの仕事とは?メリットとデメリットを知ろう

2020年9月9日

宅配系のドライバーとは

宅配系のドライバーとは一般的な宅配業者で荷物を配送するドライバーです。各地域にある事業所に勤めることになり、他の地域から送られてきた荷物を積んで各家庭やオフィスなどに配送するのが仕事になります。

宅配系のドライバーのメリット

宅配系のドライバーのメリットは運転する範囲が限られるので広い地域の知識を付けなくて良いことです。宅配の担当をするエリアはかなり狭くなっているため、数ヶ月の間には地理に詳しくなって覚えてしまうことができるでしょう。長距離の運転で疲れてしまうというようなこともないのもメリットとして知られています。また、宅配系のドライバーは地域に人々とのコミュニケーションの機会があるのも魅力です。担当エリアが同じなら何度も同じところに荷物を運ぶので、いつもありがとうございますといった声もかけてもらえることがよくあります。

宅配系のドライバーのデメリット

宅配系のドライバーのデメリットはパズルのようにして配送先への回り方を考える大変さがあることです。時間指定の荷物もあるので、その荷物はその時間内に届けられるようにしなければなりません。数十個くらいは一度に荷物を載せることになり、それらを時間内にさばききらなければならないのが苦労になりがちです。また、配送の遅れがあったときなどには配送先から苦情を言われることも多く、接客で苦労する人もいるのは確かです。接客スキルがないと無駄にクレーム対応に時間がかかって他も配送が遅れるリスクがあるので気を付けなければならないでしょう。

観光都市として京都は日本でも5本指に入るほど人気があります。観光需要が高いということもあって、京都のドライバーの求人はいつも求人情報誌に掲載されています。