フォークリフトの仕事と必要な資格について

2020年9月9日

フォークリフトの仕事はどんなことをするの?

フォークリフトは、特殊運搬車両の一つで、人が持つには重たすぎるものなどを中心に、ある一定区間物品などを運びます。なので、フォークリフトのお仕事は、物品の運搬が主業務になります。

通常は倉庫内や工場内で活躍します。主にトラック等で運ばれてきた荷物を、トラックから荷降ろしして、所定の位置まで運んで荷物を下ろします。トラックの運転手や、工場倉庫の管理責任者などと連携して、効率よくスムーズに荷物を運べるよう打ち合わせて仕事をするケースもよくあります。

落下による荷物の破損や、対人対物接触による事故など、常に危険と隣り合わせである仕事とも言えますので、丁寧できめ細かい気配りが得意な人には向いている仕事です。

フォークリフトの仕事で必要な資格やスキルは?

一般的な工場や倉庫でのフォークリフトの仕事を考えた場合、「フォークリフト運転技能講習」の資格保持が必須です。この資格がなく運転してしまうと一般車両で言うところの「無免許運転」と同義の扱いを受けます。他に必要な資格はありません。

スキルとしては特別な技術も必要ないので、年齢や性別を問わず、広く活躍できる仕事であると言えます。とはいえ、求められる適性みたいなものはあります。第1に、安全運転が出来る事です。安全確認が不十分だったり、運転や操作が雑だった理が原因で事故が起きた場合、自分だけの責任では済まなくなります。第2に仕事に慎重であるタイプ、集中力を持続できるタイプであることです。フォーク操作のちょっとしたミスが原因で、荷物が破損したり構内備品が破損したりということはままあります。自分の性格や適性を確認しておくのもいいかもしれません。

フォークリフトの求人といっても色々なものがあります。工場で働くものもありますし、イベント会場で働くものもあります。フォークリフト免許の取得によって可能性が広がります。